[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

メゾン・ド・ヒミコ

2006/09/17(日) 17:19:20 [未分類] #

メゾン・ド・ヒミコ 通常版 メゾン・ド・ヒミコ 通常版
Osamu Kubota、細野晴臣 他 (2006/03/03)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る


連休を楽しく過ごすためにやたら普段はレンタルしないものを借りまくってきました。そのうちの一本、メゾン・ド・ヒミコ。内容に惹かれたわけではなくてオダギリジョーがその……ゲ○役!?ってことに興味があっただけですが(気にしない気にしない)。

最初はどうかなー?と思いましたが、じわじわきました。

ルビィ好きです。歯に絹きせぬところがあるけれど、あのホームでとびきり優しいのは彼だと思います。売り言葉に買い言葉で沙織と喧嘩したりしたおかげで、うまく沙織がホームになじんでいけたのではないかと。そして美貌の春彦@オダジョー。ホームにイタズラしにきた少年達の一人につめより、はり手を軽く食らわし、あの殺し文句。さすが斉藤ではありませんか(局が違うよ)。そして息抜きのように出てくる細川専務争奪戦。勝利する昌子がやたらリアル(中小企業でもどこでも履歴書の役割なんてそんなもんだよね)。公然の秘密だよね専務の女癖。作業員は大盛り上がりをしていると思いますよ飲み屋で。「専務も趣味広いな」「いつも一年スパンだから」とかなんとか。

ラストシーンまでじっくり観ることをオススメします。
すっごくスッキリしますから。
スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。