[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

29話鑑賞終了。

2006/07/23(日) 19:18:56 [未分類] #

日曜の朝、響鬼が届いたからといって、娘を起こす母親。
(ありがたいのやら、恥ずかしいのやら)
(そういう意味では偏見のない人だ)
(別の意味で偏見はしっかりある人だが)
(こんな娘で申しわけない)

さっそく、ボウケン(ガジャ様がバカ可愛い)→カブト(こういうネタ好きだよね……)→響鬼(なつかしの)とみてみる。
みどりさんはやっぱ可愛い(カ○トのボクっ娘よりもいい。常識がありつつ、すっとぼけたところが可愛くてたまらないのですが、当時はヒナカラヴでした)
で。
観おわると感慨深いものが――
このころの少年は頼りなかったけど(ヒビキさんが、肩の力の抜けた素敵な大人に描かれすぎていて)、最終回では体つきも顔つきもかわっちゃって~。
そういえば、ひさしぶりにみた天道もくるくる巻髪のセクシィ青年で吃驚しました(初登場時よりもただならぬ色気が)。
京介が中村君ではなく水嶋ヒロだったら……
ヘタレではない京介も面白かったかもv
スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。