[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

日本のシンドラー 杉原千畝物語-六千人の命のビザ

2005/10/11(火) 23:17:01 [ドラマ] #

日本のシンドラー 杉原千畝物語-六千人の命のビザを観ました。

泣けました。あと一日決断が早ければもっとピザをかけたかも知れないという、杉原さんの後悔と信念。帰国後の不遇。外務省の在り方は今も昔もあれなのかと皮肉ってみてしまいましたが、いいドラマでした。
反町は昭和初期の似合う顔だとか。
秘書のグッジェに燃えたとか。
そんなことも考えながら、やはり信念に生きる男は美しいと思うのでした。今の日本人なら(自分含め)、尻尾巻いて逃げ出す状況下で、自分を貫ける大和魂は良くも悪くも、日本人だと思います。
(憧れてしまう時点で、きっと自分の中にはないものなのだと)
スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 1

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
六千人の命のビザ:杉原千畝 試写会に続きまして2回目になるんですけど、やっぱり泣いてましたね>私 涙腺弱いん

2005/10/12(水) 02:43:20 | 春 primavera

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。